async.js解説

Node.jsは非同期プログラム開発なので、通常の同期プログラム開発では簡単にできることはNode.jsでは若干面倒くさいになります。async.jsを利用すれば、コントロールフローを少し楽になります。

series(task, [callback])(複数の関数は順番に実行する、関数の間はデータ交換なし)

複数の非同期関数を順番に実行させて、前の関数は実行完了したら、次の関数は実行する。関数と関数の間は共通参照データはありません、ただ順番に実行させる場合、seriesを利用する。

Node Version Manager - Node.jsバージョン管理ツール

Node.jsでシステム開発の方はNode.jsのリリースバージョンを切り替えることがよくあると思います。例えば、新しくリリースされたNode.jsバージョンを動作確認するときとか、利用中のパッケージの互換性の問題で古いNode.jsバージョンを利用しないといけいないときはNVMを利用すれば便利です。

インストール

Node Version Managerをインストールする前に、まずシステムにはC++コンパイラが必要です。例えば、Mac OSXの場合、XCodeを使えばOKで、Ubuntuの場合、build-essentialとlibssl-devパッケージを使えば問題ありません。

nodejs.osser.jpサイトリニューアルしました

nodejs.osser.jpサイトリニューアルしました、元のnode.jsで自分開発したサイトから
hexoで静的なサイトに切り替えました。既存の文章も引っ越しましたが、元のソージャル機能は
割愛しました、Twitter、Facebook、Google Plusなどのソージャル機能を導入したいのです。

nodejs

I like Node.js, I like javascript!

Node.jsオフィシャルサンプル - WebServer

Node.jsオフィシャルサイトに載っているサンプルを紹介します。

このサンプルはHTTPウェブサーバーのサンプルで、すごく簡単ですが、Node.jsのプログラミングモデルはすぐ理解できます。

Node.jsプログラミングモデル

  • 非同期(イベント駆動)
  • ノンブロッキングIOモデル

nodemon - ソース変更を検知してプロセス再起動

Node.jsで開発するときは、ソースをかえたら、手動にnode.jsプロセスを再起動しないと反映されないという問題があります。これを解決するため、nodemonを利用すれば、手動でnode.jsプロセス再起動せずにソースを自動的に反映されます。

nodemon

nodemonはあなたのプロジェクトのソースを変える必要がありません。nodemonは簡単にあなたのnode.jsアプリをラッパ(wrap)するだけです、フォルダ下のソースを監視し、何か変わったら自動的にnode.jsを再起動する。

node-webshot ウェブページカメラ

node-webshotはウェブページのスクリーンショットを撮るAPIを提供します。このモジュールはPhantomJSの軽量なラッパーです。(PhantomJSはWebKitカーネルのウェブページのレンターリングエンジンです。)

node-webshotインストール

1
npm install webshot --save

commander.js - node.jsバッチ作成フレームワーク

Commander.jsはnode.jsコマンドラインインターフェースのソリューションです、Rubyのcommanderから生まれました。

インフトール

1
npm install commander

Option解析

.option()でコマンド引数を定義できます、且つドキュメントも自動的に作成してくれます。下のコードはcommander.jsを利用してコマンドライン引数process.argvから解析し、program.args配列に作成する例です。

pm2 - node.js プロセス管理パッケージ

pm2はnode.jsアプリプロセスの管理パッケージです、ロードバランサー機能もビルドインされています。

pm2

pm2とは

pm2はサーバーの全てのCPUを使って、ステータレッスnode.jsアプリを負荷分散管理するパッケージです、アプリケーションのダウンタイムは0sを保証できます。