nginx最大パフォーマンスを出すための基本設定

Nginxチューニング

nginx

nginx最大限にスピードを出すために、設定パラメーターをチュニングしました。

nginx設定例

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
user www-data;
pid /var/run/nginx.pid;
worker_processes auto;
worker_rlimit_nofile 100000;
proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
events {
worker_connections 2048;
multi_accept on;
use epoll;
}
http {
server_tokens off;
sendfile on;
tcp_nopush on;
tcp_nodelay on;
access_log off;
error_log /var/log/nginx/error.log crit;
keepalive_timeout 10;
client_header_timeout 10;
client_body_timeout 10;
reset_timedout_connection on;
send_timeout 10;
limit_conn_zone $binary_remote_addr zone=addr:5m;
limit_conn addr 100;
include /etc/nginx/mime.types;
default_type text/html;
charset UTF-8;
gzip on;
gzip_http_version 1.0;
gzip_disable "msie6";
gzip_proxied any;
gzip_min_length 1024;
gzip_comp_level 6;
gzip_types text/plain text/css application/json application/x-javascript text/xml application/xml application/xml+rss text/javascript application/javascript application/json;
open_file_cache max=100000 inactive=20s;
open_file_cache_valid 30s;
open_file_cache_min_uses 2;
open_file_cache_errors on;
include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
include /etc/nginx/sites-enabled/*;
}

解説

  • worker_processes auto; - Nginx本体のプロセス数、autoにしてnginx内部判定に任せるのは賢明
  • worker_rlimit_nofile 100000; - workerプロセスが最大に開けるファイル数の制限。このように設定したら、ulimit -a以上のファイル数を処理できるようになり、too many open files問題を回避できる
  • worker_connections 2048; - 一つのworkerプロセグが開ける最大コネクション数
  • multi_accept on; - できるだけクライアントからのリクエストを受け取る
  • use epoll; - Linuxカーネル2.6以上の場合はepoll、BSDの場合kqueue
  • server_tokens off; - セキュリティ対策です、エラー画面のnginxバージョン番号を非表示
  • sendfile on; - ハードディスクio処理とsocket-io処理のバランスを取るため、onにしてください。
  • tcp_nopush on; - 一つのデータパッケージに全てのヘッダー情報を含まれる
  • tcp_nodelay on; - データをキャウッシュしないで、どんどん送信させる、リアルタイムアプリに最適
  • keepalive_timeout 10; - keep-aliveタイムアウト時間、少し短くしとく
  • client_header_timeout 10; - クライアントタイムアウト時間、少し短くしとく
  • client_body_timeout 10; - クライアントタイムアウト時間、少し短くしとく
  • reset_timedout_connection on; - 非アクティブクライアントのコネクションをクロースする
  • send_timeout 10; - クライアントへの送信タイムアウト
  • limit_conn_zone $binary_remote_addr zone=addr:5m; - 各種keyの共有メモリ設定
  • limit_conn addr 100; - keyの最大コネクション数、例:addrは100に設定する(一つのIPアドレスは100コネクションんをリクエストできる)
  • gzip on; - 転送内容をgzipで圧縮、推薦
  • gzip_http_version 1.0; - 圧縮httpバージョン
  • gzip_disable "msie6"; - ie6圧縮禁止
  • gzip_proxied any; - 全てのプロキシも圧縮
  • gzip_min_length 1024; - gzip 圧縮を行うデータの最小サイズです。これより小さいデータは圧縮されません。
  • gzip_comp_level 6; - 圧縮レベル設定、1-9
  • gzip_types text/plain text/css application/json application/x-javascript text/xml application/xml application/xml+rss text/javascript application/javascript application/json; - 圧縮ファイルタイプ
  • open_file_cache max=100000 inactive=20s; - キャッシュをオープンする同時に最大数とキャッシュ時間も指定する、20秒以上の非アクティブファイルをクリアする
  • open_file_cache_valid 30s; - open_file_cacheの検知間隔時間をチェックする
  • open_file_cache_min_uses 2; - open_file_cacheの非アクティブファイルの最小ファイル数
  • open_file_cache_errors on; - ファイルのエラー情報もキャッシュする

設定したら、nginxサービスを再起動して有効させる。

1
sudo service nginx restart

nginxオフィシャルサイト

http://nginx.org/ja/